iPhone向けSafariで知っておきたい機能

###Site Name###

iPhoneにはSafariというブラウザアプリがあります。

Safariはアップル純正アプリでもあり、快適なブラウジング、タブ表示、速度の早い表示など機能面でも評価が高いアプリの一つです。


そんな便利アプリSafariですが、PC向けやMAC向けのSafariと若干異なる動きがあるので注意したいところです。

PCやMac向けのSafariではメニューがあるので利用する際に困らなかったのですが、iPhone版ではメニューがないので戸惑う方も多いようです。

iPhone6sのサイズについて真剣に考えてみました。

しかし、iPhone版Safariはメニューがなくてもタッチするだけでほぼ完了するので動作に問題はないのですが、場所によって長押しすることで機能を呼び出せることを知らない方が多いようです。

珍しいソフトバンクの機種変更関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

iPhoneのSafariはPCやMACと違って表示領域が狭いのでメニューを出さないことが多いのですが、長押し機能でPCやMac版に負けない機能重視のSafariとなります。

Safariでよく使うのが画像への長押しです。

画像はそのままでは保存できませんが長押しすればコピーやカメラロールに保存することもできます。

アプリが対応していれば文書中に貼り付けることも可能です。

また、タブを長押しすることでタブ一覧を表示でき、タブを移動させることでSafariを立ち上げた際に表示されるタブを変更することも可能です。

iPhone6sのスペックに関する情報です。

また、戻るボタンについては閲覧履歴が表示されるのも知っておくと大変便利です。